旅行,滞在記・ノンフィクション紀行文
猿神書店 HanumanBookShop

 

cover
バリ島バリバリ 女たちのムフフ楽園旅行記  ちょいよみ可ちょいよみ

風あたりが強くても・葬式追っかけ隊の始まり・バリにはコレを持っていこう・食あたり…でも胃袋は止まらない・屋台を食いつくせ初級&上級編・ジャムーへの誘い・あなどれない人あたり度数・バリの男は95%がホスト・パステカの小屋・お得意様はおのぼりさん・ウハウハ、これぞ大あたり・超ゼイタクな過ごし方・なんちゃっておみやげカタログ・体あたり…時々ヤツあたり・戦う日本人・スバラシイ宿・バチあたりと呼ばないで・超リッチな葬式を見よう!
cover
シンケンケン バリ

クタの町、チャンディ・ダサ、トゥガナン…バリは実に良かった。精霊や動物たちに混って聖なる野蛮人たちが、深く濃密で平和な生活を香り高く送っている。バリ島に魅了されきった著者がコージスタイルで書いた体験記。
cover
本当に心地よいバリ

あなたの知らないバリがある。食べる、癒す、遊ぶ、恋する―Baliフリークが教える究極のバリ事情。バリで出会ったおいしいごはんの話、一軒家の選び方、バリの村社会の話、ひたすら何もしないバリ的休日の過ごし方など、ガイドブックでは紹介されることなく、体験しなければわからない「バリのもうひとつの顔」を紹介する。
 
cover
バリの魂、バリの夢

バリが失ったもの守り続けているもの---
目も醒めるような青い水田、耳に優しいガムランの音。小さな遺跡を訪ね、ウブドのアートや市場の喧騒に酔いしれる日々。バリは、何故かくも旅人の心をからめとるのか?暮らし、食べ物、祭り、舞踊、言葉、暦……バリ島の魅力に深くふれた名著『バリ島 不思議の王国を行く』に書き下ろしを加えた究極のバリ島読本。
cover
ハッピーバリ

楽園バリを歩いてみよう・自然になごんで、芸術に遊ぶ・やっぱりお買い物大好き・バリのおいしいものを食べよう・気持ちいいことしたい、キレイになりたい・こんなところに泊まってみたい・旅のテクニック&ないしょのバリ・・・大人の雑貨が買える店、厳選星空スポット、森の実の幻のカフェ、ロスメンから隠れ家ホテルまで、バリナンパ師のテクニック…などなど、体験談と情報満載。
   
cover
バリコレクション

料理教室に通ったり、蛍が見たくて山小屋を訪ねたり、隠れ家ホテルをチェックしたり、朝ごはんを求めてパサール巡り、夜はドレスアップして行きつけのフレンチレストランへ。手編みの籠、繊細な刺繍のファブリック、美しいフォルムの器は買い物の定番、バリ家具初買いつけに成功し、今ではオーダーメイドも楽々―バリ・フリークによる、ディープでお洒落なバリ。
cover
バリコレクション・アゲイン

オベロイ通りはスタイリッシュなレストランが百花繚乱。秘境リゾート、葡萄畑、コスモポリタンなインテリア、そして変わらぬ優雅な伝統。さらにディープにお洒落に進化した楽園を綴る。
   
cover
バリ島大百科

冠婚葬祭を中心とした民俗・習俗・儀式。棚田のありさま、アヒルや水牛のいる農村の風景、山や海・川などの大自然に加えて観光にも役立つリゾートやホテルも紹介。著者のライフワーク、渾身の集大成。学術書や観光案内だけでは分からないバリ島の自然や人々の生活を細部まで活写。写真総数600点。
   
cover
バリ島 芸能の島の真実!!

バリ島カルチャーシーンを探る(「バリ人」とは、どんな人たちなのだろうか, 島の日常生活を覗いてみる, 華美な結婚式と葬儀の意味するもの ほか)・島と自然のもっと奥へ(島の植物探索に出かけよう, 熱帯の花カタログ, 山登りの楽しみ方 ほか)・ 旅する人のための情報源(バリ島の基礎知識, 旅のお役立ちノウハウ, 長期滞在・留学ノウハウ ほか)
   
cover
バリ島クタ蓮横丁のぽかーん亭

バリ島のはたらき(神さまのお出迎え, バレ・ブンゴンに魅きよせられて ほか)・ 神と偕にあるくらし(ぽかーん亭誕生, 跳びそこねた猫 ほか)・ 花と香と聖水の祈り(ニョマンさんが語るヒンドゥーの教え, 神とつながる四つの道 ほか)・見えない世界をかいま見る(トゥユール―金盗り専門の透明小人, レヤック―呪術で化身する ほか)
   
cover
優しいバリ私が「わたし」に返る島

宝塚・宙組の初代トップスターだった姿月あさとさん、退団のわずか2ヵ月後電撃結婚。そして旅行会社勤務の夫の赴任先であるインドネシアのバリ島へ。「突然住むことになったので、最初は全く言葉を話せませんでしたが、会話本を片手に、スーパーだけでなく市場へ出かけ、野菜や果物を買い、現地の人が行くような問屋街に行ったりして、本当に普通の主婦として生活していました」    *出版にあたってのインタビューはコチラ
cover
バリ島 月光亭の日々

東大大学院からキャリア官僚、ドロップアウトしてバリ島へ。ハトリさんの楽しい島暮らし。
第1章 月皓々とバリの宵、 第2章 サヌール派、 第3章 MICの楽しい人々、 第4章 日々の事件、 第5章 島ものがたり、 第6章 花に嵐の
cover
魅せられて、バリ島

ある王家の一族と知り合いになったおかげで誰も知らないバリの素顔に触れ、二十数年バリに通い詰め、ついにバリを第二の故郷と呼ぶに至った筆者が、百枚を越えるイラストとともに心を込めて描くバリ賛歌。
   
cover
好きになっちゃったバリ 不思議島ドタバタ見聞録

村の共同体、バンジャールに入り込む・ バリの家庭フムフム観察記・ バリ料理をつくって食べる・ いまどきのバリ・ 浜辺のできごと・ バリの芸能を習っちゃう・ バリにずっと暮らしたい・ バリ快適スティの13ポイント。続編も!→新・好きになっちゃったバリ
cover
バリ島遊学記 絵・木彫り・人に魅せられて 海の向こうで暮らす

その魅力にとらわれ、島にとどまることを決意した著者がバリ島暮らしのすばらしさを語る。 バリ島へようこそ・蓮の花に魅せられて・私の吸収シーズン・師匠は木彫り師・やっと見つけた私の城・愛しの娘スギト・ゴムの時間・愛犬を食べる人々・私からのお返し・聖職者マンクとチンチン治療のマンク・私を狙ったバリの悪霊・新しい向上心
   
cover
バリ島 楽園紀行

人気急上昇中のリゾート地バリ島は一方で島民の深い信仰に支えられた芸術の宝庫でもある。王朝時代の名残を伝える寺院建築、独特の色彩感覚が人気の絵画や彫刻、そして儀式には欠かせない華麗な舞踊とガムラン音楽など、魅力いっぱいの楽園の過ごし方をやさしくガイドする。
cover

バリ 楽園紀行

地球の楽園、バリの魅力を現地在住の筆者と伝統衣装をまとったトップモデルたちがガイドする。歴史的な遺跡、文化の香り高い伝統芸術の里、リゾートエリアなど31の場所や寺院で写真家が出会った風景や人々の親しみを覚えさせる笑顔や表情、そして伝統行事、舞踏、芸能などの数々を紹介する。

バリ島不思議の王国を行く

まばゆい陽光のもと、島は毎日が祝祭だった…。神々とトロピカル・フルーツの島、バリ。午前4時の朝市は喧噪に充ち、光あふれる午後には極彩色の行列が道を練り歩く。夕べには水平線に巨大な赤い日が沈み、南十字星が見える頃になってもガムランの調べは鳴りやもうとしない…。伝統芸能、料理、アートなど。
   
バリの空の下、人は流れる

幻の名盤解放同盟の問題児、船橋英雄にまつわるイメージは、いつもマヌケの匂いがする。だがそれだけでは、この男を語りつくせない。その素顔を知れば知るほど、意外な面に驚かされる。いまここに、はじめて船橋に接近遭遇。船橋英雄漫遊記。
   
プラン‐プラン・バリ ぼちぼちいこか

八時半、バグースコテージ着。名前とは裏腹な、今まで泊まってきたホテルとは、ひと味違った宿で私は一瞬言葉を失った。これが初の海外旅行だった友達のコッコとヨウコのショックの色は隠せなかった。ちょっと旅費をケチった事が悔やまれる。三人なのでエキストラベッドを入れてもらったのだが、これはまるで担架だ。誰がこの担架に寝るかで揉めるのかと思いきや、、、
   
cover
タン・ナピ・ナピ バリ終わらない夏の島

蠱惑的なでたらめ、素敵な非常識、価値ある無責任、バリ島をめぐる12のストーリー。神あり、鬼あり、色恋あり、芸術あり、愛憎あり、勘違いあり。天国、地獄の表裏一体。
朝焼けのバリ

白タクに乗ってチョウチョ採り、堂々と並ぶ海賊版ソフト…。神秘の島、バリでの普段着生活を活写。白タクの運転手・アグンとの交流をに中心に、いたって陽気に、反面したたかに生きる人々の姿を描く。
 
cover
感じるバリ島から

バリの色っぽさ、覗いてみませんか。トロリ甘くて、あったかいバリの魅力を鮮やかなイラストとともに紹介する一味ちがったガイドブック。97年刊「エロティック・バリ」の改題。「キレイになるバリ絵本SEXY BALI入門」も出た。
cover
バリ島晴ればれ絵日記

熱帯の楽園バリ島で、ゆったりゴージャスに過ごしたい…と言いつつも、お葬式ウォッチング、ビューティーサロン体験、バリ・アート入門と、いろいろ挑戦してきました。バリ紀行エッセイ&コミック。
   
cover
アジアの匂い バリ島ウブドの休暇

アジアの匂い・ 緑の風・ カフェ・ ミラ・ソルヴィーノ・ ビートニク・ バリニーズジゴロ・ 天国に一番近い場所・ ライオンキングという名の町・ ジャラン・ジャラン・・・バリ島で出会った人々との交流や心の葛藤を描く短くも印象深い旅行記。 ウブッ好きならコチラもどうぞ!
cover
魔女ランダの島・バリ 「癒しとトランスを求めて」

熱帯写真家がバリに見つけた、魔女と癒しとトランスの不思議な世界。水音の中で見る夢、いくつもの顔をもつ魔女ランダ、癒しの絵描きモコさん、治療師バリヤン、数々のトランスなど人の心を揺さぶるこの島の魅力を深く見つめたバリ紀行。
cover
バリ島の日々

赤道をこえる・ 火の玉のような気魄も… この花一輪がなければ・ 千年をつらぬく恋・ 悪魔祓いの少女・ おっかない樹と、影絵芝居の夜・ 神隠しの一日・ とても不思議なバリの海峡・ 魔女がやってくる蓮池・ 海辺のホテルでカーテンを閉めきり・ バリ島の岩戸がひらく
   
cover
車椅子の目線で 京都・バリ島、暮らしの旅

バリ島旅行中に脳梗塞で倒れてから車椅子の生活となった著者が、バリ島の医療のこと、京都での病院暮らし、車椅子生活になってから感じたことなどを優しく鋭い言葉で綴る。脳梗塞を超えて・ 車椅子の生活・ 七十七歳の再出発
cover
京都・バリ島 車椅子往来

古都から南の島へ―。老いと障害を抱えての往来の中で見えてきた人の心、福祉のあり方などをやわらかな京ことばで綴る。死の直前まで書き続けた京女・大村しげ最後のエッセー集。バリ島での老後・ 京都・バリ島車椅子往来・ 小学生の絵で見るバリの日々・ バリ島で味わう食の楽しみ・ 大村しげ バリ島からの旅立ち(鈴木靖峯)
cover
アユとビビ 京おんなのバリ島

アユ17歳、初恋もしました。ビビさんと慕われるのは、80歳になる生粋の京おんな大村しげさん。チキチン、チキチン、コンチキチンの鉦の音に血が騒ぎ、バリ島ウブッド村の田園暮らし。3年前、脳梗塞で倒れ、車椅子生活となってアユと出会いました。そんなおしげさんが、バリ島のきのうきょう、村の暮らしをアユと共にお届けします。
   
cover
ハートランド バリ島村ぐらし

「最後の楽園といういい方を、小島にも虫たちにも、花にも分けて、わたしはウブッドの暮らしを書いてみたいと思いました…」 ハートランド・バリ島での村ぐらしを筋金入りの京おんながあるがままに綴る。
   
cover
バリパラ

どこより、なにより、バリ島。なまけ者のための楽園見つけの旅。寝て起きて、遊んで食べて、また眠る南の島の朝日と夕陽の間で、猫のように暮らすためのあなただけの方法。気持ちいいことだけをするための他には絶対ないディープな厳選情報のみ限定版。
   
cover
イラストレイテッド 無敵のバリ

キッチュなお菓子、街中の巨大オブジェ、トランス状態の踊り手たち、そしてバリのこわーい話…。ご存じナチュラル・ハイの2人組が神秘の島を大探検。
   
cover
ハーモニーの幸せ

バリ島、おいしい水、テロ、キツネ憑き男、自殺、バランス、聴くことの時代…。様々な話題を選びながら現代のテーマをストレートに表現する、「現代のシャーマン」田口ランデイが贈るエッセイ集。
cover
ゴーマニズム宣言 (8)

あの有名漫画家よしりんもバリを描いていた!!インターコンチネンタル&アマンダリで秘書たち過ごした様子や、はじめてのバリでの感動と飛行機トイレの恐怖、スカルノハッタ空港でのチップくれくれ攻撃など。
   
cover
バリ 長期滞在者のための最新情報

神々と芸能の島・バリ。美しい自然に代表されるトロピカルリゾートのもろもろをそろえ、しかも現地人の生活がすぐそばでかいま見える島の魅力を豊富な写真入りで紹介。最新版コチラ
cover
バリの休日 桐原流楽園の過ごし方

桐原春子が案内する大人のためのバリ。熱帯の鮮やかな花やハーブ、日本でも人気の高いバリの工芸品などをハーブ研究家ならではの視点で紹介した、オールカラー写真紀行。
   
cover
バイクでバリ島 中年ライダー夢紀行

人生の折り返し点を過ぎた著者の思いを込めた、バリ島・バイクの旅のエッセイ風紀行文。バリ島道路・交通事情、旅に必要なインドネシア語の表現も解説した。
← 左画像は同著者の「インドネシア スラウェシ島縦断―ポンコツバイクで冒険旅行!!
   
ガムラン武者修行 音の宝島バリ暮らし

「アッ!ゴブロッ!何でこんなのができない?」 生きた音とは?本当の文明とは?村は人間になるための自然の道場だった。笑いと感動のバリ島留学記。卒業旅行でふらり立ち寄ったバリ島。ガムラン楽団を満載したトラックが燃え立つ夕日の中を走り去っていく。「ううむ、かっこいい!あの男たちのようになるのだ!」
   
   
バリ島駐在物語

いま世界各地から熱い視線を浴びるミステリアスアイランド、バリ!!バリブームの仕掛人、現地ツアーオペレーターの駐在員が仕事と生活を通してじかに見たバリ島。いままでに語られたことのないもう一つのバリ島が赤裸々に現出します。ビーチもサーフィンもエステもガムランもダンスも出てきません。最初から最後まで、楽園に生きる「懲りない人間の物語」です。
インドネシア駐在3000日

道路交通事情、暴動事情、冠婚葬祭からご当地あの世事情、語学習得法まで、インドネシアに赴任して以来の驚きの日々を、実体験にもとづき軽妙な筆致で描く。
BALI島から愛をこめて

バリ島にお嫁入りした少女マンガ家、恒吉彩生子・タミー。バリの男性と恋に落ち、家族の反対、文化の違いなど数々の困難を乗り越えて結婚、そして出産、子育て…と、その半生を明るいタッチで綴ったコミックエッセイ。南の島で育まれたとびっきり素敵な愛情物語。
バリ島結婚物語

別世界に旅に出て、そこで知り合った男性と結婚し、その土地の住人となってしまう…そんな生き方を選ぶことは本当に可能なのか? バリの暮らしに飛び込んだ8人の日本人女性がみつけた新しい人生を綴る。
ダーリンは、バリ人  国際結婚レポート&エッセイ

23歳でバリ雑貨のショップを高萩市で開店、その買い付けでバリに行き、バリニーズのマデ・アグース・アディ・プラナタ氏と知り合い、93年に結婚。現在ウブドで宿泊施設、インテリアショップ、カフェ、養豚業などを経営。2児の母が描くバリエッセイ。
アジア定住 11ヵ国18人の日本人  ちょいよみ可ちょいよみ

…腰巻を付けて、上半身は裸。髪の毛が肩まで伸びていて、その肩にちょこんとオウムみたいな鳥を乗っけているんです。野生児そのものといった感じ。ターザンみたいな人だなと思いました。その人が、私の夫になるバグースだったんですけど(笑)。……バリの男性が日本の女性をもてあそんでいる?実際はバリの男性が日本の女性にもてあそばれているんじゃないかしら(笑) …
バリに嫁いで

筆者は、昭和34年東京生まれ。保育科卒業後、日本で幼稚園教諭を十数年勤め、縁あってインドネシアバリ島民と結婚。二児の母親。バリ島へ移住後、現地旅行会社勤務の傍ら、日本人とインドネシア人との間に生まれた子供達のための日本語教師を勤め、現在は日本語講師に専任。
それでも私は恋がしたい

の『本当にここちよいバリ』で有名な神島x2の第2弾。「本当に好きな人と南の島でふたりだけで暮らす…それが私の夢だった」バリで出会い、バリで結ばれ、バリで産んで、バリで別れた一人の女性の心の軌跡。
バリ島恋愛読本

熱帯リゾートに恋のアバンチュールはつきもの。これまで男がしてきたことは女だってしたい。女だってしていい。バリ島で恋に燃えている日本人女性とバリニーズが語る安全で心地いい熱帯愛応援読本。
   
インドネシアにおいでよ クニコ・ママが元気をあげる

暴動・テロ・通貨危機…不安材料何でもありのこの国で日本料理店の女将として、レストランのママとして17年間働いてきた著者が語る生きていく楽しさ、商売の醍醐味。
ゴム時間の国 インドネシア

「ジャンカレット」インドネシア語でゴムの時間。のんびりしているというだけでは片付けられないインドネシア人の不思議な感覚にせまる。日本人の感覚では考えられない「銀行がネコババ??」「制度化された汚職」など。
インドネシアを歩く

バリ島の話題だけではないが…。インドネシア語専攻の教授として長年親しんだ国・インドネシア。この国に精通した著者ならではの心の交流を綴った旅行エッセイ。
   
   
バリ島極楽チャンプル

H.I.S.バリフリーク編集長 田尾たんぼが書き下ろす現地情報満載のバリ島ガイド。在住者ならではの視点でディープなバリを紹介。著者本人が足を運んでこれは!と思った142物件をセレクト。「食」「買」を中心に、とにかくぎっしり内容が詰まったオールカラー単行本。詳細マップつき。
バリごはん バリ島極楽チャンプル2

バリ島極楽チャンプル』の第2弾。バリ島グルメガイド。ワルン,屋台,レストランなど形態別食べ物屋事情から、ナシチャンプル,ナシゴレンに始まり、麺類バリエーション,バビ(豚肉)料理,アヤム(鶏肉)料理,カンビン(山羊肉)料理,シーフード,野菜,パダン料理まで。スーパーマーケットリスト、バリ島食い倒れMAP付き!
バリ島ウブドのお昼寝カフェ

15×11cmの小さな本は持ち歩くにも便利。日本を発つ前に行きたいカフェをチェックしてもよし。ウブドでどのカフェに入ろうか迷ったらこの本を開くのもよし。表紙写真はオーガニックカフェのバリブッダかな…?
1週間バリ

わざわざ休みを取って、高いお金を払って行くバリ。適度に観光客目線で、適度にマニアック。それでいて、1人でバリを自由自在に回れるためのバリガイド。ありそうでなかった山下マヌー目線で選んだとっておきのバリの遊び方。4泊6日、5泊7日で過ごすバリ最新マル得マニュアル
バリ インドネシアのビーチ・リゾート

美しいバリ、醜いバリ。本音でバリ島をレポートしました!!バリからもっと未知のリゾートへ。インドネシアのマル秘スポットもくわしい。
バリ&モルジブ旅行記

バリ島はしたたるような緑と雨しっとりと深く明るく、モルジブは青い海と白い砂と青い空のサンドイッチまぶしくてたまらない。銀色夏生が描くバリの世界。
極楽アジアの暮らし方 マレーシア/インドネシア・バリ篇

マレーシア、インドネシア、バリ在住の著者たちが、生活のすべてを詳細解説。衣食住にわたって、年金の範囲で快適な生活をエンジョイできる方法も伝授。
リタイア(定年退職)後のガイドブック移住ガイド
コチラにもあります。
   
   
   

その他の本,新刊はここでチェック!!→ バリ島旅行記本



猿神書店 HanumanBookShop