バリの何それ?!第67話2005.11.22発行

ウブドのコス〜バリでの交友関係〜

インドネシア・バリ島での摩訶不思議体験談&失敗談&バカ話

周知のとおり、世界各国の原油価格が高騰している中、ついに先月、
インドネシアのガソリン価格がどーんと上がった。前々から、上がるよ
上がるよ〜と予告はあったものの、約2倍の値上がり率は異常である。

燃油価格が上がれば、当然、飛行機代・トラック輸送代・船便代…
と上がり、happyの商売にも大いに悪影響が及ぶ。
そしてとうとう、こんなところにまで?!というところまで、
ガソリン値上がりの波はやってきた―。

それは、happyが借りている●ウブドのコス(注参照)●代(家賃)である。

私は仕事で日本とシンガラジャの往復が多く、
ウブドのコスは殆ど使っていないにも関わらずだ。
(バリでは家賃に、電気・水道代が含まれていることが多い。1日最低3回は水浴びをする
バリ人…しかも大家族に比べれば、私の使う電気・水代など微々たるもの…のはず…。)

中部国際空港発の私が、日本からバリに来る度に、オーナーが大好物の
“広島名物もみじ饅頭”をわざわざ用意して献上しているにも関わらずだ。

「来年から家賃を今の2倍に値上げする。」とオーナーは言った。

2倍とは便乗値上げも甚だしい。happyが数日間、オーナーに新家賃の値切り
交渉をしている間に、向かいの棟に間借りしていた日本人の女の子は、
素直に荷物をまとめ、出て行ってしまった。それを知って、慌てふためくオーナー…。

住人に出て行ってもらっては困る。しかし、値上げはしたい。
そんなオーナーの慌てぶりを逆手にとって、「じゃあ、私も他のコスを探すわ…」と
happyも出て行く素振りを見せたら(そんな気はさらさらないのに…)、オーナーはコロッと
態度を変え、下手に出た。「向こう1年分の家賃を前払いしてくれるならいいよ。」

よくよく話を聞くと、どうも闘鶏博打に負けて、奥さんにも言えない借金が
積もっているらしい。その穴埋めに手っ取り早い家賃値上げを思いついたようだ。

全く以て迷惑な便乗値上げである…。

 

*注…一般に「貸アパート」「貸部屋」のことだが、happyの借りているコスは、元々ロスメン(民宿)として使って
いた部屋なので、風呂・トイレはもちろん、ベッドやクローゼットなどの家具まで備わった便利な一軒家なのだ。