バリの何それ?!第64話2005.04.18発行

ミソクソ一緒〜ツッコミを入れる余裕もなく〜

インドネシア・バリ島での摩訶不思議体験談&失敗談&バカ話

こういうことを言うとバリ人に怒られるかもしれないが、バリの水はマズイ。

バリ島旅行中、水や氷には十分注意していたのに、バリっ腹(下痢)になった
という人は、もしかしたら、料理に使われていた水にあたったのかもしれない。
体のつくりが繊細な人は、米を研いだ水や野菜を洗った水にも反応するらしいから。

暑いバリ島に長期滞在となると、水の消費量は高くなる。
いくら丈夫な腹が自慢のhappyでも、飲み水だけは水道水というわけにはいかず、
ボトルドウォーターを飲む。しかし、リットル単位のペットボトルでは少なすぎて不自由を感じる。
だから、バリ人家庭にあるのと同じ“guci”というウォーターサーバー
を用意し、ガロン単位の大きいボトルを設置するのだ。

スーパーの売り場にならぶguci。

日本でも最近は、焼酎サーバーが人気だとかで、その需要は高くなっている
らしいが、バリ島にもそれなりにオシャレなデザインの陶器製のguciがある。

しかし、いくらデザインが良くても、購入するときに
注意しなければならないのが、水漏れチェックである。

 

happyが初めてguciを購入したときのことである。

スーパーマーケットの日用品売り場で、グリーン色に鳥と草木が
焼付けられたさわかや系のguciを見つけた。購入するつもりで、
近くにいた女性店員に水漏れしないかチェックしてほしいと頼んだ。

すると、その店員、先ほど雑巾を濯いだバケツの水をザバーっと、
guciに注いだのである。そして、店員は「あー、ちょっと漏るわねぇ。」
と言って、蛇口のゴムパッキンを、隣のguciに付いているものと取り替えた。

「おいおい、そのguciも売り物だろう…。」とツッコミを入れる余裕もなく、
happyの目はguciの中の灰色の汚水に釘付けになった。
まさに●味噌クソ一緒●…。

民族の違い、生活環境の違い、考え方の違い…と言えばそれまでのことだが、
こんなことだから、バリっ腹になる観光客が後を絶たないのだろうなー
と思いながら、結局、そのguciを購入した私…。