バリの何それ?!第01話2001.10.12発行

ばびばびばびばびバビグリン〜バビグリンを食す〜

インドネシア・バリ島での摩訶不思議体験談&失敗談&バカ話

そう、知っている人は知っている!ウチの店名でもある●バビグリン●とは
バリ島名物料理●豚の丸焼き●のことなのだ。

これがウマイ!ターメリックを塗り込んだ外の皮はパリッとしていて、
中のお肉はとってもジューシー♪ブタを焼く前に内臓を取り出し、
空いたお腹の中に色々な香辛料を詰め込むので、お味はとってもスパイシー。

椰子殻炭火でグリングリンと焼く

私は行きつけの大衆食堂で、1匹の子ブタを40〜50人で食べるのが常なのだが、
高級ホテルのレストランでは、5〜6人用のテーブルに1匹のバビグリンがデン!
と出るのだと聞いた。羨ましいが、食事後の体重が…コワイ…。

「えー!バリ人ってブタを食べてもいいのー?」と思われた方。いいんです!
何と言ってもバビグリンはバリ島の伝統料理。そして、バリ人の信仰宗教の殆どは
バリヒンドゥー教。ブタもウシもトリもヤギもアヒルもイヌも…食べちゃうのだ。

バビグリン料理  ウブドのバビグリン専門店

しかし先日、いつものバビ屋で隣に座ったイスラム教徒の青年も、バビグリンが
大好物だと言っていた。私が「イスラムの教えに反しているんじゃないの?」
と聞いたら、彼は「うん。そう。だからジャカルタのお母さんにはナイショだよ♪」
と小声で言った。 (いや、私、あなたのお母さん知らないし…。)

宗教をも覆すバビグリン…。
私がバリに住み着いた理由の70%もバビグリン…。